河内の語り屋 -師弟愛篇-

2018年08月30日

東京で1981年から毎年開催されてきたすみだ錦糸町河内音頭大盆踊り。現在は2日間で3万人以上を動員する大人気の夏のお祭りへと成長しました。そこで必ず生演奏で繰り広げられる関西をルーツとする河内音頭は庶民に根ざした単なる盆踊りでありながら、明治時代に始まった語り芸である浪曲の要素と楽譜のない即興性から多くの音楽愛好家を熱狂させてきました。本作品では、錦糸町河内音頭で絶大な人気を誇る音頭の唱い手であり、芸道70周年を迎えた鉄砲光丸を主人公に、光丸の師匠、河内音頭でミリオンセラーを記録した天才、鉄砲光三郎から引き継いだ語り芸、鉄砲節の魅力とその技に映像で迫ります。祭りのにぎわい、大阪弁で語られる鉄砲節の真髄、畳み掛けるような迫力ある音頭の節回しは、祭り好き、芸能好き、日本語ラップのルーツを探っているうちに語り芸の面白さに辿りついたヒップホップ好き、まだ河内を訪れたことのない河内音頭ファンにとっても本場の空気感を味わうことのできる体験となるはずです。監督は浪曲ドキュメンタリー『港家小柳IN-TUNE』を制作した川上アチカ。主人公光丸の信用を得た親近感を感じさせるインタビューでは、年月を重ねたことで達した芸の領域と鉄砲節に対する熱いプライドが語られ、芸歴70周年記念公演で見せた珠玉の舞台映像が華を添えます。




<作品クレジット>
▶プロデュース
弥生みゆき
河洲直美
河洲美佐子…もっと見る

▶監督・編集
川上アチカ

▶撮影
[取材 part]
川上アチカ

[70周年記念公演 part]
横山香哉
荻原楽太郎

▶整音
山本タカアキ

▶キャスト
鉄砲光丸
弥生みゆき
博若
河洲夢歩
京極由加
弥生友梨
河洲虎丸
河洲直美
河洲美佐子
河洲一丸
河洲健司

その他の新着作品