「南米のパリ」カラフルな街、カミニート

2018年03月28日

「南米のパリ」と呼ばれるアルゼンチンの首都「ブエノスアイレス」の中でひときわカラフルな街「カミニート」

アルゼンチンタンゴ発祥の地であり、かつてマラドーナの所属したサッカーチーム「ボカジュニアーズ」の本拠地でもある。

カラフルな街並みは近年「インスタ映えスポット」として人気が上がっており、観光地としてエリアも拡大されている。もともとは貧しいエリアだったために同じペンキが揃えることができずにこのようなカラフルな街並みになったという。
ちなみに使用したペンキは造船所の船の塗装で余ったものが使われたと言われている。

歴史的な背景を知った上で旅をすることで、見えてくる景色も変わってくるかもしれません。

南米旅の際は活気あふれる「カミニート」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。




<作品クレジット>
【撮影協力】
Eiji Moriya
https://www.instagram.com/eijinista/

その他の新着作品