東南アジア美食探訪ーシンガポール編 【ミシュラン・チキンライス】

2018年07月02日

シンガポールの国民食とも言われる"チキンライス"(海南鶏飯)の名店、『天天海南鶏飯』。


シンガポール風チキンライスの元祖 『天天海南鶏飯』


昼時や週末ともなると常に大行列。
店を取り囲むように観光客や地元っ子が集う。


地元客だけでなく世界各地からの観光客で行列が出来る


店頭では柔らかく茹でられた鶏肉を骨ごと豪快に包丁でぶつ切りに。鶏肉の茹で汁で香り豊かに炊かれたご飯の上に素早く盛り付ける。
次々に行列をさばく連携プレーは、まさに長年培われた職人技だ。

実はこのチキンライス店、行列が出来るのには理由がある。

ミシュランガイド・シンガポール版で、リーズナブルで質の高い料理を提供する「ビブグルマン」に選ばれ、連日大盛況となっているのだ。


アメリカのセレブリティシェフが「香り高く美味いチキンライス」と太鼓判 ミシュラン・ビブグルマンも獲得した


店先にはシンガポールのベストホーカー(屋台)の文字が躍る。
一羽丸ごと頼んでも約2000円(24ドル)。
付け合わせに野菜の炒め物を頼めば、屋台飯を超えた立派なご馳走だ。


付け合わせに野菜の炒め物やプリプリのイカを注文すれば立派なご馳走


香り豊かに茹でられほのかにピンク色-しっとりしたその身は上品な味わいだ。
ゼラチン状に固まった脂分がプルプルと絶妙な食感を醸し出す。


パクチーとピリ辛のチリソースがプルプルと柔らかな鶏肉の身を引き立てる


アクセントにはお好みでチリソースを。パクチーの爽やかさと相まり箸は止まらなくなる。

今日もその人気店の味わいを求め、シンガポールっ子の足は絶えない。

Maxwell Food Center
「天天海南鶏飯」




<作品クレジット>
撮影・構成・編集 海野麻実
Producer/Director/photographer/Editor/ AsamiUnno

東京都出身、慶応義塾大学卒。NY語学留学の際、911テロ事件に遭遇。その後、欧米におけるイスラム社会のフィールドワークを開始。ロサンゼルスのローカルテレビ局でインターン、911テロ後のイスラムや現地の日系人社会等をテーマとするシリーズの企画立案から取材、編集を手掛ける。民放テレビ局で報道局記者、番組ディレクターを経て、現在東南アジアを拠点に世界各地で取材活動を続ける。主に、国際情勢を中心に移民政策やインバウンド、スタートアップ関係の分野で東洋経済オンライン、ForbesJapanなどで執筆。NHK Wolrdではインタビュー企画等の取材制作に携わる。第22回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品『1F作業員~福島第一原発を追った900日~』を制作。シンガポールを経て現在はマレーシア在住。SONYデジカムで海外ロケの企画発案・取材・撮影・編集までの完パケ納品を行う。取材などで訪れた国は40カ国以上。 Email : asamiunno@ugm.from.tv

その他の新着作品